栃木求人.com > ウェブデザイナー特集

ウェブデザイナー

Webデザイナーの働き方

働き方は、色々ありますが、フリーランス、制作会社、自社Web担当の大きく分けてこの3つ。
フリーランスは全てが自己責任。ですが、自由度が高く働くペースなども自己裁量のため、経験を積んだうえで、自分のやりたいことのためにフリーになる道を選ぶ方もいます。
制作会社は、Webデザイナーを目指す誰もが最初に思い浮かべる職場でしょう。
制作会社の規模、方針によってデザインのみに携わるのか、ディレクションやコーディングなどWebデザイン以外の業務にも関わっていくのかなど、業務内容には違いがあります。デザイナーからスタートし、ディレクター、コンサルタント、アートディレクターなど様々な道に進む方もいます。
自社Web担当は、自社運営Webサイトの運用、管理等を行います。デザインもできるWeb管理者という形になるので、委託業者との窓口や日々の管理など総合的にWebを業務として行うことができます。
働き方そのものも、正規雇用、アルバイト、パートと形態はさまざまです。

Webデザイナーとは?

お客様からヒアリングした目的・イメージ・顧客ターゲット層など様々な情報をデザインし、それを実現するプログラミング、テストをおこない、お客様にご提供することがお仕事です。見せたい人、見る人の2つの目線を持ち、さらには導線、マーケティング知識など様々な要素を持ち合わせる必要があるのがWebデザイナーです。しかし、全員が上記のように一人何役もを担うのは難しいのが現実でしょう。

Webが誕生し周知し始めたころは、Webデザイナーと言えば「Webサイト制作・公開に関わるすべての作業を行う」職業としてこれを行う人の職業名でしたが、近年はWebも多様化したため、各分野のプロたちがチームを組み、一つのWebサイトを作り上げる様になってきています。
Webデザイナーは「制作・公開に関わるすべての作業を行う」又は「Webサイトのデザインを行う」職業と言えるでしょう。

Webデザイナーのやりがい

各Webデザイナーに、思い思いの「やりがい」があります。
・新たなスキルが身に着いた事が実感できた時。
・お客様や同僚から、褒められた時。
・デザインに関わる作業全てが、喜び。
・手がけたWebサイトが公開される瞬間。
・意図して行ったデザインが、伝わり理解された時。
そんな中でも「クライアントからの喜びの声」というのは必ず発信されます。Webは世界中の人が閲覧でき、反響も数値で確認できます。自身の結果から導かれた成果をダイレクトに感じる事が出来るのは、Webデザイナーのやりがいのひとつと言えるでしょう。

デザイナーのお仕事を見る