BtoBとBtoC

BtoBマーケティングとBtoCマーケティングの違いについてまとめてみました。
 
BtoB=Business to Business
  
BtoBとはBusiness to Businessの略で、企業対企業の商取引のことを指します。BtoBマーケティングにはどんな特徴があるのかというと、企業相手の営業になるため、購入する側では、商品の購入までに社内の多数の人がかかわる可能性があるという特徴があります。購入にかかわる担当者が多数いるということです。
どんな理由で多数の担当者がかかわるのかというと、まず、社内の問題を提起する人が必要になります。問題提起のあと、商品提供業者と商談・商品の選定する担当者、商品購入を決断する責任者、商品購入後にその商品を利用し、業務を行う担当者が出てきます。このように、一つの商品を購入・導入する上でたくさんの人がかかわるのがBtoBマーケティングでの買い手の立場になります。
  
BtoBマーケティングでは、買い手が合理的、客観的な過程を経て購入に至ります。商品に求める機能、予算、納期などを客観的に書類にまとめ、社内での稟議のあとに購入することが多くなっています。BtoBマーケティングでは一件の契約を取れば、多額の利益が得られます。
  
  
BtoC=Business to Consumer
  
一方BtoCマーケティングの場合は、商品を購入する人と、支払いをする人が同じ人になります。BtoCのCはConsumer、一般消費者という意味です。店舗がメーカーや卸売店からBtoBマーケティングで仕入れた商品を陳列して、一般消費者に販売する商取引をBtoCマーケティングであると考えると創造しやすいのではないでしょうか。
BtoCマーケティングで商品の営業を行う場合には、BtoBマーケティングとは違い、単価の低い個々の商品をたくさん売ることで利益を上げていかなければなりません。そのため、広告費をかけてCMで商品の宣伝をしたり、各地域に店舗を展開・従業員を雇って商品を販売する必要があります。
また、BtoC、BtoBマーケティングの両方を行う企業もたくさんあります。
   
  
ほかにも…
  
BtoBマーケティング、BtoCマーケティング以外にもいろいろなマーケティングがあります。
 
・BtoE… Business to Employee=企業対従業員間取引
・BtoG…Business to Government=企業対行政間取引
・CtoC… Consumer to Consumer=消費者間取引
・GtoC… Government to Consumer=行政対消費者間取引
 
 

 
 
参考:
MY就活ネット「「BtoC」と「BtoB」の違い」
マーケティングバンク「BtoBマーケティングとBtoCマーケティングの違い」
「BtoB」「BtoC」「BtoE」「BtoG」「CtoC」「GtoC」の意味とは?仕事に役立つビジネス用語
キャリアパーク「BtoBとBtoCで異なる営業方法の違い【就活の基本知識】」