面接の心構え

面接で最も聞かれることの多くが、1.何故その職種を選んだのか、そして2.前職がある人には何故前職を退職したのかです。

その職種を選んだことへの目的・目標を窺い知って本人に自社でやる気を発揮してもらえるかが一つ。そして二つ目は前の会社を退職したが自社を選んだことでまた転職しないかということを企業側は知りたいのです。

その他にコミュニケーション力、人間関係、多くのことに深く聞かれることを踏まえて、事前に自分のその職に対しての意思と意見をまとめておきたいものです。

自分の意見を客観的にまとめて、いざ突っ込まれたときに備えておきましょう。

 

面接官が最も聞きたいのは将来のキャリア形成についてです。今後企業でどのようにキャリアを積んで仕事をしていきたいかを、自身の中で明確にしておきましょう。これは仕事へのやる気を企業側が知りたいところもありますが、仕事を辞められることが企業側にとっては大きな損失になるので、転職しないで自社にいてもらいたいという気持ちがあるからです。

 

また、企業側は即戦力を求めています。今まで自分がしてきたことや意識が、企業にどれだけ役立てるかをアピールする材料を用意しておくべきでしょう。何をしてきたかだけではなく、何故その経験や能力が役立てると思ったか、企業側に納得してもらえる話を用意しておきましょう。