転職先が決まった場合にしておくこと

転職先が決まると、次は現在の職場を去る準備をしていく必要があります。転職をするということは、当たり前なことですが、現在勤めている職場を辞める、退職することになります。すでに就業規則等でご存知の通り、会社からの通知ではない限り、「本日で退職します」という一言で片づけるわけにはいきません。通常は1か月前までには退職願を提出することが人事手続き上必要かと思います。

 

人によっては、転職先からは入社してほしい時期も相談される場合もありますから、現業と次の職場のことを並行で考える人もいらっしゃるかと思います。どの場合でも、退職の意思を伝えることを第一歩として、次の手続きに進めていくことが必要となります。自分の信念で決めたことですので臆せずに前に進んでいきましょう。

 

さて、退職までの手続きの第一歩は退職の意思を伝えることは述べましたが、さてどうやったらいいのでしょうか?仕事で分からないことは同じ経験をした同僚に気楽に聞くことはできますが、いざ転職となると、退職経験のある同僚はいないわけですから、簡易に周りに聞く訳にはいきません。まずは上司に対して行うこととなります。同僚に先に話してしまった結果、いつの間にか職場のウワサになり、それが上司に伝わってしまった。スムーズに退職まで行き着くはずが、上司の理解を得られず今後の進行に支障を与える場合もありますので、自分自身の中でのトップシークレットとして順序を踏んで進めましょう。
今まで面倒を見てくれた上司です、会社を辞めることについて報告をすると大変残念がると思いますし、慰留されるかもしれません。今一度、転職を決意した背景、達成したい自分の夢を思い出してください。上司に対しても、自分の気持ちを誠実に一生懸命伝えることできっと理解してくれると信じましょう。このような言い方は無責任であるとは思いますが、モヤモヤする気持ちも時間が解決してくれます。時間が経てば、また理解をしてくれた上司とも話ができるはずです。ここでもう1点注意事項があります。自分の夢、退職の意思を上司に伝えることは必須ですが、転職先については安易に口にしないでください。どのように人間関係がつながっているか分かりませんから、どこからか転職先に事実とは異なる情報が届かないとも限りません。ご注意ください。

 

もう辞めるのだから、今の人間関係から解放されるので、別に今の職場のことは気にかけず、次の職場への準備だけに専念すれば良いのではないかと考えるかもしれません。でも、上司や職場の仲間からは、是非あなたの退職が惜しまれるような状態で辞めてほしいと思います。繰り返しになりますが、「世間は狭い」のです。近い将来、もしかしたら今の職場の同僚や上司が取引先の相手になるかも知れませんし、また一緒に働くなんてこともあるかもしれません。特に同じ業界内での転職の場合には、出会う確率が高くなります。現在の上司、同僚にネガティブな印象を持たれてしまうと、その「噂」がいろいろな方の耳に届き、悪い印象のみが記憶に残ってしまう場合もあります。ある業界では、あなたのバックグラウンドについての情報を収集するために、転職先の会社の方があなたの現在の職場にいる知り合いに「どのような人物か?」「会社内での評価はどうだったか?」と確認する場合もあります。円満な退職もできず、場合によっては、新しい会社に対しても悪印象を与えるリスクがでてくるわけです。

 

現状業務の引き継ぎもしっかりと行いましょう。引き継ぎ計画と内容を策定し、上司に了解をもらいましょう。自分の経験した結果で知り得た情報やノウハウをドキュメント化して残しておく、引き継いでくれる方がすぐに取り掛かれるようにアイディアを提供したり、なるべく時間を取り会話をしてあげる方が良いかと思います。新しい職場を見つける以上に、今の職場を辞める際に一つ一つの手順を確認して進めていくことが転職活動の成功のポイントです。

 

問題なく退職できる見込みが立ったら、次の職場への入社準備です。基本的なお勧めは、リフレッシュと事前勉強です。週の金曜日まで現在の職場で働いて、翌週の月曜日から次の会社への入社という構図は良く見ますが、退職するまでの時間は、リラックス、体力増強、知識増強をする良い機会でもあります。中途入社となるわけですから、新しい会社では即戦力を期待されています。同じような業種、業務であれば、今までの自分自身の経験から、まだ不足している知識、経験を少しでも補完するように、書籍を読み込んだり、セミナーに参加することは大変意味のあることです。

 

転職は、気を使う、体力を使う行為ですが、一方で夢に向かって進むために必要なことと考えましょう。今までの記事が、みなさんの転職活動をより有意義にし、夢に向かって進むための一助になれば幸いです。是非明るい未来を創ってください。