転職エージェント、非公開求人について

転職活動を進めていく方法の一つ、転職エージェントの利用について調べてみました。
 
 
非公開求人とは?
  
転職エージェントで紹介されている求人の中には非公開求人が多く含まれており、80%の求人情報が非公開求人として掲載されています。求人情報を非公開にしなければならない理由は複数あり、一つは転職エージェントのビジネスのためだといわれています。転職エージェントが求人を出している企業名を公開してしまうと、閲覧者が転職エージェントを利用せず、直接企業に求人応募をしてしまう危険があるためです。
転職エージェントは、求人情報を掲載したり、転職者を企業に提供することができたときに報酬として利益を受けとったりする商売をしています。特に転職の成功によって報酬を受ける形で企業と契約している場合は、転職エージェントは、利用者に転職を達成してもらわなければ利益を上げることができません。
  
また、非公開求人を出すのは、応募の殺到や極秘プロジェクトの情報漏れを防ぐためでもあります。採用人数が少ない求人にあまりにも大量の求人応募がきてしまうと、企業は書類のチェックや電話対応に追われてしまいます。面接に対応する人件費もかかってしまうため、応募が殺到すると企業にとって大きな負担になります。人気企業でも非公開求人を出せば企業名が分からないため、採用コストを削減することができるということです。
 
 
転職エージェントの利用
  
特に転職したい企業がある、違う業界に転職したいという希望が特にない場合は転職エージェントを利用した転職活動がおすすめです。
始めのうちは複数の転職エージェントに登録しておき、自分に合った転職エージェントを選んで最終的には1社から3社ほどの転職エージェントを利用するのがおすすめです。複数の転職エージェントを利用することには問題はなく、担当になった人との相性の良しあしもありますので、あまり自分に合わないと思ったら別のエージェントを利用したり、大手の場合は担当者を変えてもらうようにエージェントに依頼したりしても問題ありません。求人数には転職エージェントによって差がありますが、自分に合った企業を見つけることが大切ですから、自分に合った転職エージェントを見極めましょう。
 
 
どんな転職エージェントがあるの?
  
DODA、リクルートエージェント、レバテックキャリア、 パソナキャリア、 typeの人材紹介、 マイナビエージェント、JACリクルートメントなど、転職エージェントはたくさんあります。レバテックキャリアはIT企業に特化した転職エージェントですが、このように業界に特化した転職エージェントもあるようです。他にもIT転職ナビ、マイナビエージェント×IT、@AgentなどはIT企業に特化した転職エージェントです。特化型の転職エージェントの利点は、エージェント側が業界知識を持っているため、話がかみ合わず困ることがないところにあります。他の業界でも、例えばアパレル業界ならアパレル転職なび、クリーデンスなどの転職エージェントがあります。自分に合った転職エージェントを探して活用しましょう。
 
 

参考:
転職バカの転職エージェント比較サイト!! 転職エージェントの基礎知識!非公開求人はなぜ非公開なのか!?
転職の掟 転職で後悔しないために知っておきたいこと 「転職エージェント選びで一番大切なのは担当者との相性」
転職バカの転職エージェント比較サイト!! 特化型転職エージェント一覧