転職をするタイミング

 今、この文章を読んでいる方は、転職したいと思い行動を起こしている方、少なくとも転職に興味を持っている方だと思います。後者の方は、まだ転職することに対して抵抗をもっているかも知れません。ご両親の世代では、入社したら、その会社でしっかりと定年まで勤め上げることが誇りであり、転職することは世間体としてもあまり良い印象ではないという風潮だったと思います。決して否定するわけではないのですが、日本の会社の一般的な姿勢として、終身雇用であり年功序列での給与・報酬制度が前提となり、また、年金などの社会保障制度も安定していた背景があるからに他なりません。
 すでにみなさんご存知のように、日本企業であっても世界に通用する会社の多くを見ていると、雇用を定年まで100%保証しますという会社は少なく、また、より利益を追求する目的を達成するためにも、会社の社員に対する評価は、実力主義へと変化しています。一方みなさん自身も、やりがいのある仕事環境を求める際には、一つの会社にこだわらずに広い視野で見ることができる環境でもあります。現在は、転職に対する自由度が増しています。企業も優秀であり同じ目的を目指して進んでくれる人を積極的に募集しています。新卒よりも一定の経験を積んだ中途入社の方が多くなっている業界や企業も存在します。いかがでしょうか?転職活動についても冷静に、そしてポジティブに捉えていただけましたでしょうか。
当然現状からの「変化」となるため、リスクも存在します。その事実を理解して、転職活動を自分の手の平の上でコントロールできるようにすることが肝心です。この後、いくつか、是非知っておいていただきたいことを順次記載していきますが。ここでは、転職のタイミングについて、もう少し掘り下げていきたいと思います。

 

 全ての世代の方、どのような環境に置かれている方でも一様に転職することが更に自分を成長させるというものではありません。例えば20代の方であれば、積極的に自分から環境を変えていき、条件面よりも可能性のある業界、業種に飛び込んでみるということも一考です。なぜならば、会社側は、実務の経験よりも、人間性や積極性、基本的な業務遂行能力やビジネスマナー、論理思考能力を求めます。これから会社が育てていきますよという一定の後押しは保障されています。30代の方は、もしかしたら家族もおり比較的安定した生活ができることを目標とするかもしれません。一方、多くの会社はバリバリと働いてくれる即戦力を求めており、過去の実績、専門能力が重要視されますので、安定性と自分のさらなる夢の実現の狭間で慎重に検討する必要があるでしょう。同業界、同業種となる場合が多いかと思いますが、しっかりと企業情報収集し、相性のよい会社に巡り合えると、さらなるステップアップが考えられます。40代以上になりますと、実態として案件は少なくなります。受け入れる企業側も、ある程度のポジションに対して、実績を含めて打診してきますので、転職の難易度は高くなります。

 

 求人情報の点から整理してみましょう。1年中一定の数の求人があるというわけではありません。一般的に求人が増える時期は、年末や年度末と言われています。また、夏季賞与や、冬季賞与の前後にも増加傾向にあります。ただし、同じように転職活動を行う人数も多いことになりますので、ライバルも必然的に多くなります。退職を意識しはじめた場合には、仕事の引き継ぎを考慮した上で、退職を想定する日から遡り計画をしていきましょう。じっくりと活動をしていくよりも、大体3か月間を転職活動に当てて一気に動いてしまうことをお勧めします。

 

 みなさんが現在勤めている会社の就業規則を確認ください。民法では、月給や日給といった給与形態にもよりますが、「解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。」と定められていますので、2週間前に言えば問題はないかと思いますが、多くの企業の就業規則では、1か月前までの申し入れを必要としていると思います。会社としてはみなさんの業務を割り振る、引き継ぐための時間が必要であり1か月以上は欲しいというのが背景でしょう。退職する理由はどうであれ、退職の際には誠意をもって必要な引き継ぎを行うことが大変重要です。もしかしたら、さらに会社内だけではなく、今の担当しているお客様への影響も考慮しないといけないかもしれません。自分自身の仕事量をきちんと考慮した上で、退職したい日から遡って退職の意思を伝える日を想定しておきましょう。
繰り返しになりますが、転職は勢いをもって一気に進めていくことが必要になります。もしかしたら、まさに「今」が転職するタイミングかもしれません。