転職をすることのリスク・転職をしないことのリスク

転職先を選ぶ際には、自分自身の市場価値を出すために、業界や企業の規模・安定感や給与といった条件面にこだわらず新たな領域にチャレンジするか、または、安定的な職場を選び今までの経験・実績を最大限に生かしていくか、といった大きく二つの選択肢があると思います。未来のことはだれにも分からないため、残念ながら正解・不正解の予測はできません。ただし、転職をして成功したと認識している方は、多少なりともチャレンジされた方が多いようです。今まではこれが自分の限界だと思っていたが、転職後に、自分の可能性を見出し、知識経験を伸ばすことができた。結果として、仕事に対する充実感や、給与の待遇面でも満足感を得たということになります。
転職先候補となるような企業をどうやって見つけていくのが良いでしょうか?業界図を参考に気になる会社のホームページを一つ一つチェックしますか?気になる業界に係るセミナーを探してみますか?たしかに、自分の目で見て、感触を一つ一つ掴みながら、候補先を絞っていくことも一つのやり方です。しかしながら、上場企業で3,500社、法人格の企業で170万社ある中で、やりがいを持てるだろう企業候補を見つけ出すのは時間と根気のいることです。スピードが重要視される現代においては、もしかしたら目の前に届きそうなせっかくのチャンスを逃してしまう可能性もあります。一つの解決策として転職を支援するエージェントに登録するという手があります。自分が目指していること、また、興味のある業界、業種や業務について整理し、伝え、エージェントからは可能性のある企業情報やアドバイスをもらうことが可能です。特に、どのような選択基準で企業を選んでいくのが良いかといったアドバイスはとても有効です。

 

 エージェントは、転職のプロフェッショナルであり、我々からは見えにくい、会社側がどのような人材を欲しがっているかという情報をもっています。転職を希望する方と会社側が欲する人材のマッチングを行っている訳です。適切なマッチングを行うためには、情報が必要です。したがって、あなたの要望、不安をきちんと伝えること、またエージェントのアドバイスに対して聞く耳を持つこと、この信頼関係の構築が重要です。実はこのエージェントとのやり取りは、自分自身を客観的に見つめる良い機会でもありますので、うまく活用することをお勧めします。
転職活動中には、当然現在の会社の同僚や上司から、気づかれるリスクがあります。例えば、転職活動をしていることをむやみに同僚に打ち明けたり、会社のPC上で転職情報を見ていたり、会社のアドレスを使ったエージェントとの連絡は決してしてはいけません。誰が、どこで見ているか分かりませんのでご注意ください。転職活動をしていることに罪悪感を持つかもしれませんが、そこは割り切りが大事です。自分の人生を周りの人が決めてくれるわけではありませんから。会社の上司、同僚とお付き合いがずっと続くと思いますし、「世間は狭い」と、人生、いつ誰と再会するかも分かりません。きちんとしているみなさんの人間像を植え付けて、将来に渡って良い人間関係を継続することに注力しましょう。伝えるのは最終段階で良いのです。

 

最後に転職をしないことリスクについて触れておきます。転職をしなければいけないということではありません。現在の会社に留まり、現在の人間関係をさらに発展させ、次第に現在の会社での中心人物になっていくことも大変価値あるキャリアパスです。転職をするということは、自分の知識・経験が新しい領域、またはより広い範囲で活かせ、さらなる経験を積むために環境を変えることですが、さらに給与等待遇面においても向上させることを望むのはみなさん共通だと思います。ただ、成長著しい業界の会社に面接をした際に、転職当初は現在の年収よりも下がってしまう場合もあると思いますが、現在の会社よりも課長、部長、マネージャとして経験を早くから積み、数年後には現在の会社よりも待遇面が逆転することも想定されます。現在の会社に留まるか否かは、あくまでも長期的な視野で見つめることが大事です。会社に残っていた場合に、会社が成長せず数年後には年収が抑えられ、年次の古い社員はリストラという憂き目にあうということを話として聞く場合があります。現在は、安定感のある会社であっても、今後浮き沈みがないとはだれも言い切れないわけです。
長期的な視野で自分自身の将来像を考えず、変化を恐れ現在の安定感のみに満足することで問題を先送りしてしまった場合には、その自分自身のキャリアを軽く考えてしまったというツケはいずれ表面化します。自分から望まないような状態での転職となってからでは遅いので、現在の会社に残るとしても、転職を前向きにとらえた場合でも、常に情報のアンテナを立てて、自分の将来を考えることが大事です。