自己分析をする理由と考え方

就職活動を行う上でがしっかりとと自己分析を行い、自分自身の性格や適正を理解しておくことが大変重要です。
それはなぜかというと、自分はどんな仕事や職場にマッチしているのか知り、企業の特徴と自分をすり合わせて長く働いていける職場を見つけるために必要で、さらに、就職活動ではあらゆる局面で自分がどんな人間なのかということを自分自身の言葉で説明しなければならないからです。

 

 
特に新卒採用はポテンシャル採用であり、職務経歴が少ない学生は自分が企業に合った人材で、どのように会社で活躍していきたいと考えているのか選考の度にうまく説明できなければなりません。

 

就職活動に必須の自己分析ですが、どのようにして自分を知ればいいのでしょう。

 

 

自己分析をする上で注意しなければならないのは、自己分析の目的が自分に合った企業を見つけることであり、その企業の選考に通ることだということを見失わないことです。
自己分析には幾つかのポイントがあります。

 

名称未設定-4

 

 

まずは自分の価値観を知ることが重要です。

 

 

自分がこれまでどのように生きてきたか、今までの人生によって自分は物事をどのように考える人間になったのかということを思い出してみれば自分の考え方が明確になってきます。
自己分析に良し悪しはないため、正直に自分を振り返ってみましょう。

 

 

次はさらに自分の価値観を明確にするために、自分を振り返った結果をもう一度3つの観点から見つめ直してみましょう。
自分がどんな人間になりたいのか、どんな能力を身につけたいか、どれくらいの収入が欲しくて、社会にどんな影響を与えたいのかということを考えることで、自分の価値観を明確にしていきます。

 

 

なりたい人間像や欲しい能力・収入からは自分が手に入れたいと考えているものが何なのか考えることができ、企業の選考に進む上でなぜ自分はその仕事に興味があり、やる気が出せるのかという説得力のある説明ができるようになります。

 

 

また、社会にどんな影響を与えたいのか考えることから、自分がどんな価値を提供していきたいのかが見えてきます。
志望する企業で、やる気や向上心のある自分がどのように給料に見合った活躍をしたいと考えているのかということを説明できることが目標です。

 

 

いかがだったでしょうか。
自己分析は自分との対話から始まります。自分自身を正直に取材して情報を集め、価値観を明確にするために考えを深めていき、内定を勝ち取っていきましょう。初めは気が重いかもしれませんが、自分をポジティブに振り返って行く過程は自分に自身を与えてくれるはずです。
 

 
「ダイヤモンド・オンライン」の熊谷智宏氏の記事では、自己分析に必要なのは自分の価値観を知ることであると述べられており、
自分の価値観を明確にする考え方が示されていました。

参考: http://diamond.jp/articles/-/45119