総務の仕事って何だろう?

総務という役職の人は、どんな仕事を担当しているのでしょうか?
総務がいると、会社としてはどのような点にメリットがあるのでしょうか?総務の仕事についてまとめてみます。

総務の仕事内容

総務の仕事は、会社全体の仕事を円滑に進めていくために様々な常務をこなす仕事です。
具体的には、資料作成、備品管理や、会議・社内イベントの企画・運営、電話対応、秘書業務や来客時の対応などです。
会社にとっては必要不可欠な業務でありながら、担当部署がないような仕事を行ってくれるのが総務になります。

例えば、会社に人事部がなかった場合、総務の人が人事部の代わりに勤怠管理を行ったり、

年末調整の時期に経理部の労働力が不足していた場合に、総務が手助けを行ったりします。
会社の仕事を調整してくれる総務は、会社に不足している部署の仕事を担当する、会社や従業員にとっては大変ありがたい職種なのです。
ゆくゆくは専門の部署を設けたいけれど、まだ体制が整えられていないといった会社の中でも、総務は活躍しているようです。

総務の仕事によくある業務内容

総務の仕事には次のようなものがあります。

・会議資料・報告書などの、社内文書作成
・給与・経費計算
・備品管理
・福利厚生制度整備
・電話・メール対応
・契約書のリーガルチェック
・採用業務
・労務管理
・勤怠管理
・登記変更作業
・社会保険関係の手続き
・日本年金機構への対応
・オフィス管理
・社内イベント企画・運営
・社内コンプライアンス作成
・データ集計
・データ入力・チェック
・来客対応
・安全衛生管理
・申請書類作成・特許出願
・知的財産、ライセンス契約・管理

総務で身につくスキルは?

総務の仕事では交渉力やコミュニケーション能力が身につきます。さまざまな職場で役に立つスキルが習得できるため、幅広くキャリアチェンジができる人材に成長することができます。
会社全体を見通し、多様な仕事を担当することで、会社の部署間のバランス感覚・経営感覚を養うこともできますし、企画・計画を立てる能力を身につけることもできます。

社内の複数の部署の仕事を理解し、部署間のバランスを取りながら仕事をする総務の仕事は、会社全体をまとめる仕事ともいえ、問題解決能力や、コミュニケーション能力を培うことができる、大変勉強になる職種だと言えます。

広報部代わりに、対外的な仕事をこなす場合もあり、情報発信や、不祥事絵の対応も担当することがあるため、人に情報を正しく伝える能力を能力を養うこともできます。

生かせる・役に立つスキル

総務の人には、自ら会社のために率先して行動を起こす能力が必要です。はたらこネットによると、未経験OKの総務の求人は全体の55%だそうです。
総務の仕事は社会人としての一般常識、ビジネススキルやマナーが必要になる仕事です。ワード、エクセル、パワーポイントなどのパソコンスキルも役に立つスキルで、簿記検定・秘書検定3級以上、社会保険労務士などの資格も総務の仕事の役に立ちます。仕事内容にもよりますが、TOEICの得点など、英語のスキルが役に立つ場合もあります。

参考:
・はたらこねっと「総務【仕事図鑑】」