筆記試験

自己分析等で採用基準が不明確な面接とは違い、筆記試験はやった分だけ結果に出やすいメリットがあります。企業側にとっては面接で把握しにくい志望者の能力を客観的に把握することができるツールとして使われています。一般的に単なる足切りとして認識されていますが、企業側が主たる目的としているのは基礎学力と思考能力を判断する地頭の見極めです。筆記試験には様々な形式がありますが、事前にどのような出題形式かを調べてから対策をしましょう。

SPIと適正検査が基本的に多く、SPIの基礎学力レベルは小学・中学卒業程度と見ておいていいでしょう。簡単だと思われがちですが、前述で述べた通り結果が出易い分、足元をすくわれやすいものでもあります。対策をして本番に臨みましょう。