第二新卒の転職で注意すること

そもそも第二新卒とは?
 
第二新卒とは、入社1~3年目の若手社員であり、仕事上での即戦力としては未熟でも、基本的なビジネスマナーが身についている人のことを指します。また、学校を卒業後に正社員としての勤務経験がない人のことを指すこともあります。
 
思うようにうまく新卒採用ができない企業が、第二新卒枠を活用していることもあります。入社から3年までの間に会社を辞めてしまう人が多い現代では、企業が第二新卒枠で若手社員を積極的に採用する方法をとることが増えてきており、入社3年目までに第二新卒で転職したいと思う転職志望者が増えています。

 
 
企業からの視点
  
中途採用では、ほとんどの場合経験者を採用するために募集をかけていることが多くなっていますが、第二新卒での転職なら、業務に経験であったとしても採用してもらうことが可能なのです。
しかし、第二新卒が転職活動で面接を受ける場合に注意しなければならないのが、志望理由についての質問です。
第二新卒枠で転職する際は技術や業務経験よりも、転職して志望の企業に転職したい明確な理由は何かということを重点的に聞かれます。なぜなら、志望先の企業は、入社して1~3年ほどで会社を辞めてしまうような人を採用してしまったら、また数年後会社を辞められてしまうのではないかと心配しているからです。
 
転職する際は、なぜ転職しようと思ったのか、なぜ志望企業を選んだのかという企業側の疑問点について、明確に答えられる理由を用意していくことが重要です。
今働いている企業ではいやだから、という単純な理由では、志望企業側に納得してもらうことができないため、注意しましょう。

 
 
第二新卒が転職する際の注意点
 
キャリアチェンジを考える上で、第二新卒枠を利用することはいい考えであると言えます。
始めに入社した企業で専門的な仕事をしていくと、資格取得を達成したり、新しく得た知識から今まで知らなかったような仕事に興味が出てきます。働きながら培った資格や技術を活かして、元請けの仕事が多い大手企業に就職することができることもあります。
 
社会人2、3年目は今の会社でずっと働いていていいものなのか、悩むことが多い時期です。そして一番大切なことは、この時期に誤った判断をしないということです。
転職に失敗して後悔してしまうこと、ずっと悩みながら働き続け、後になってから後悔することがないように、転職活動について冷静に、しっかり考えてから行動しましょう。
 
 
参考:@IT「第二新卒での転職、その落とし穴に注意を!」