特技に書くことがないと思ったら…

履歴書を記入している時に、特技欄に何を書けばいいのかわからなくて困ってしまう人もいるのではないでしょうか。特技と言えるものがこれといってない、履歴書に書くことができるような特技がないという悩みを持っている人はどのような内容の文で特技を説明すればいいのかという問題についての記事です。
 
 
特技を質問する意図はなにか?
 
履歴書の特技欄に書かれた内容は面接で会話のタネとして使われることが多いようです。特技といわれると、自分になにか会社の役に立つような能力がなければならないのではないか、得意なことで何かアピールできなければならないのだろうかと考え、悩んでしまうこともあるかと思います。しかし、この質問の意図は会話のタネを作ることだと考え、その特技が直接仕事に役立つものなのかということはあまり気にせずに書いてみましょう。会社側は、会社のためになる特技を持っているということを、応募者に求めているわけではないということです。
 
 
特技と趣味は何が違うのか?
 
特技というのは自分の得意技のことで、自分が好きなもののことです。趣味とは自分が特に好きなこと、こだわるものです。「特技といえるほど結果を出せるわけではないから、特技だと言ってしまっていいのか分からない」と思ってしまうことがあったとしても、ある程度技能が必要なもので自分がそれを楽しんでやることができるというものであれば、それを特技と呼んでしまってもいいのではないかという考え方もあります。まったくやった事のない素人からしたら、技能が必要な趣味は特技に見えるはずです。
  
  
自慢できるようなすごい特技が無くても面接を通過できる!
 
特技や趣味を書く欄を用意している理由・狙いは、面接において話のタネを作るということです。ゴルフ、テニスなどのスポーツや、ピアノ、書道等に限らず、早起き、利き酒、料理などを特技として書いても問題ありません。
 
特技欄の他に、趣味欄が用意されていることがありますが、趣味欄に特技を書いてはいけないというきまりもありません。また、特技欄に趣味を書いてはいけないという厳密なきまりもないでしょう。ただ、 アニメ鑑賞、ゲームを特技・趣味として記入するのは控えたほうがいい場合が多いようです。なぜなら、面接で話すことになる採用担当者、最終面接担当者が年配の人であった場合、あまりいい印象を持ってもらえない可能性があるためです。また、ギャンブルが趣味だというのは絶対にいけません。
  
また、趣味がどうしてもないという場合は、趣味を作ってしまっても問題ありません。
 
 
参考:
MY就活ネット「特技がない-趣味と特技【就活】」