業界・企業研究について

企業研究は自分が実際に就職したい業界や企業を探していく上で大変重要な就職・転職活動の過程です。書類の作成や面接のために必要でもありますが、自分にあった仕事・企業を見つけるため、また入社してから後悔しないためにもよく企業を吟味してみることが大切です。自己分析、自分の強みを探った後は、様々な業界・企業について幅広く調べたあとで、実際に就職したい・選考を受けてみたいと思う企業を絞っていきましょう。
企業の沿革・経営方針・企業理念を調べて自分の求める企業像に合致するか確認することもわすれないでください。
 
転職活動を進める場合は自分のキャリアを活かせる企業がどんな企業なのか考える必要があります。また、自分の持っているキャリアが、志望している業界でどう評価されているのか、自分のキャリアに見合った待遇が受けられるかどうかについても考えるといいでしょう。
 
  
業界・企業研究の進め方
  
企業の情報はどのようにして集めたらよいのでしょうか。
企業のホームページを見る、競合他社を調べる、OB訪問をする、企業説明会に参加する…など、企業について調べる方法はいくつかあります。
企業ホームページでは、その企業が作っている商品や提供しているサービスについての情報が企業を知る上で役に立ちます。自分の知らなかった商品についても知る機会になり、面接で志望動機についての話を展開させることもできるでしょう。
 
会社概要をチェックすれば、会社の業績や従業員数、従業員の平均年齢などの情報が掲載されています。手軽な方法が、転職・就職サイトに掲載されている企業情報を確認するという方法です。効率的にたくさんの企業についての情報を得ることができます。
 
企業説明会やOB訪問では、実際に企業で働く人に出会うことができ、会社の雰囲気を感じることができます。実際に企業に出会ってみることも情報収集の一手段です。また、インターンシップに参加すれば実際にその企業で働くイメージを掴むことができます。企業や、他の志望学生とのコネクション、就職活動でアピールできる体験談等もインターンシップから得ることができます。
OB訪問では企業の採用担当者と直接話すことができ、事前に質問を用意しておくことで、企業について知りたかったことを直接聞くことができますが、企業ホームページに答えが載っているような質問は絶対にしないように注意することが必要です。事前に訪問する企業についてよく調べておかなければなりません。
  
企業研究でチェックできる項目にはどんなものがあるのかまとめてみました。
  
・応募したい企業の採用情報の確認
・業務内容の確認、会社の商品の機能やターゲット層
・職場環境の確認
・求められている人材の情報
・福利厚生
・賃金
・勤務地
・企業の成長性
・有名かどうか
・転勤の有無
・研修制度
  
他にもたくさんあるかもしれません。
自己分析の結果や自分の価値観と照らし合わせながら、待遇面等も考慮に入れて考えてみましょう。

  
応募したい企業の採用時期が決まっている場合は、書類提出や説明会等の企業側の採用スケジュールを確認しておき、選考に向けて準備をしていきましょう。
自分が具体的にどのような仕事を担当していくことになるのか確認しておくことが大切です。
女性であれば、育児休暇制度、職場復帰しやすい環境があるかどうかも考慮に入れるといいでしょう。また、交通費が支給してもらえるかどうか、社宅や寮があるかどうかなど、待遇面についても会社によって異なることを考え、チェックしておきましょう。
 
 
参考:
パソナキャリア 「企業研究のコツ・やり方」

エンジニア就活 「これさえやれば事前準備はOK! 企業研究・業界研究を行う際の3つの方法」

キャリアパーク!就活 「【企業研究をより効率的に!】おすすめのやり方とコツをご紹介」