新入社員必読!席順、上座・下座のマナー

会社に入社すると、宴会が開かれ、席順のマナーについての知識が必要になってきます。
入社して間もなく宴会が開かれることもあるでしょうし、宴会のマナーをわきまえて行動できているかどうかで、上司があなたに対して持つイメージも変わってくるでしょう。
宴会のマナーの中でも、特に今回は席順、上座・下座のマナーについてまとめていきます。特に新入社員の方、席順のマナーを心得て、できる社員として社会人生活を歩み始めてください!
  
 
席順に込められた敬意、意味
 
席順になんかこだわらなくていいのでは?と考えている方もいるかもしれません。しかし、ビジネスマナーでは、席順にはとても重要な意味が込められています。
目上の人やお客様には上座に座ってもらうことになっています。ある部屋の中の一番よい席のこと上座といい、是先には順位があります。相手との上下関係で座る位置がマナーとして決まっています。
また、地位が同等の人が複数いるときは、年齢が上の人が上位の席に座ることになっています。
 
席順以外にも相手より先を歩くのは失礼にあたるなど、注意しなければならない立ち位置があります。座席だけでなく、注意しなければならない立ち振る舞いがたくさんありますので、気をつけましょう。
 
 
応接室の上座・下座
 
基本的にどの席が上座で、どの席が下座になるのでしょうか。一般的には部屋の入り口から一番遠い位置が上座の席であると判断できます。また、上座・下座の順位は座る椅子の種類によっても判断できます。
長く背もたれのある椅子が最も地位の高い人が座るべき椅子であると判断できます。それ以降は背もたれのある小さい椅子、背もたれのある椅子、背もたれのない椅子と続きます。肘かけがある椅子とない椅子では、肘かけがある椅子のほうが地位の高い人が座る椅子です。
 
お客様にお茶を出す際も、お客様側の最も地位の高い人から順番にお茶を出していきます。お客様の地位の方が優先されるため、お客様(上司)、次にお客様(部下)、上司、部下の順に位が高くなっています。
3人並んで座る場合は真ん中の席が上座になるため、ご注意ください。
 
応接室に、美しい絵画や壺などの美術品が飾られていることがありますが、上座からよく見える位置に美術品を配置して、少しでもお客様の目を楽しませようという気遣いをしています。
美術品や、眺めのいい窓が本来上座であるはずの席から見えない配置になっていることもありますが、その場合、美術品が見やすい位置が例外として上座とされている場合もありますので、ご注意ください。
この考え方は新幹線の席に就く場合にも同じであり、眺めのいい窓際が上座とされています。
また、目上の人に、部屋の奥に座ってもらうことには、人の出入りの少ない奥の席でゆっくりしてもらいたいという気遣いの気持ちが表れています。
 
レストランのテーブルに座るときも同様の考え方で上座・下座に注意しましょう。

 
参考:
・ビジネスマナーと基礎知識 席次・席順
・auヘッドライン 「新入社員には絶対座っちゃダメな席」がある