就職活動は、もっと考えるべきだ

 

不安で不安で仕方ないと思います。

自分には何ができるのか?
どうしたいのか?
何が向いているのか?
自分をどうやってアピールしていけばいいのか?

不安で睡眠が浅くなっている人も
多いと思います。

 

頭を抱えて悩んでしまうのは
ネガティブな方向に向きますから
良くないことですが

それを良い方向にしようとするなら
悩むのではなく、考えることが重要です。

落ち込む暇があるなら
これ以上落ち込まないように
考えていくことが大事です。

 

とはいえ、どんなことを考えればいいか?
わからないとまた悩んでしまうので
今日は就職活動において考えるべきポイントを
紹介していこうと思います。

一番最初に、一番重要なことを挙げます。

『自分を知ること』です。

おそらくこれだけでも
就職活動は調子が良くなると思います。

 

そもそもの不安の元凶は何なのかというと
”先が見えないことに対する恐怖”を
不安と呼びます。

視界がひらけていれば安心し
目隠しをされると不安になります。

進むべき道、進みたい道が
見えていれば安心して
見えないままだと不安になります。

100%不安を消すことは難しいですが
それを軽減させて過半数を下回ることは可能です。
先が見えるようにすれば良いのです。

 

自分の未来を明確に考えていくことで
不安は少しずつ軽減されていきます。

なので

自分が『得たい未来・避けたい未来』について

考えてみましょう。

手元にノートとペンはありますか?

なければ用意していただいて
思いつく限り書き出してみてください。

今の物差しで考えなくていいです。
モテたいならどれだけの規模でモテたいか
金持ちになりたいなら年収どれくらいか
世界を旅したいなら例えばどこか

できるできないは取っ払って
思いつく限り考えていきましょう。

 

やりたいことが浮かばない人は
やりたくないことを先に考えてもいいですよ。

ニートは絶対に嫌だ とか
貧乏だけは避けたい とか
つまらないことはしたくない とか

これも思いつく限り考えてみましょう。

この得たい未来と避けたい未来を書き出していくと
自分の価値観や優先順位、判断基準などが
つかめるようになってきます。

結果重視かプロセス重視か
数字を出したいのか感情を得たいのか
達成感がほしいのか認められたいのか
愛されたいのか尊敬されたいのか

様々自分の考え方が
紙に浮かび上がってきます。

 

なぜ紙に書くと良いのかというと

文字にすることで
あなたという人格が
あなたの外側に表れるからです。

自分で考えているだけだと
自分の頭の中にしかいないので
どうしても主観的になります。

紙に書くと自分の外に自分が出てくるので
冷静に自分を見ることができます。

自分を客観的に見れるということです。

人に自分のことを聞きづらい人は
欠かせないプロセスということです。

もちろん、聞ける人は
友だちや家族にも聞いてみると良いです。
自分の魅力はどんなところか?
周りに聞くことも大切です。

 

自分の望む未来、避けたい未来がわかってきたら
その未来を得るために『必要なこと』を考えてみましょう。
避けたいものはそうならないためには何をしたらいいかを
考えてみましょう。

技術が必要なのか、資金がいるのか
あるいは人脈や多少の運がいるのか
資金であればどれくらい必要なのか? など

未来を叶えるための材料を
考えられる限り考えてみましょう。
自分でわからなければ調べるのもアリです。

旅行に行きたければ
往復の旅費を計算してみましょう。

 

これを踏まえて、初めて就職活動のパートに
思考を移していきます。

「あなたの望む未来を得るためには
どんな仕事をしていくべきなのか?」
「その仕事があなたの人生にどう影響していくのか?」
これを想像していきましょう。

あなたが就職する目的です。
会社に入る理由を考えてみてください。

『自分は何のために仕事をするのか?』

金のためでもいいと思います。
誰も見ないので、自分の欲に正直になって
考えてみてください。

 

正直仕事をしたくないなら
その理由も考えてみると良いです。

考えた上で、自分の得たい未来と重なるなら
就活を辞めたって良いでしょうし
やらないと叶わない未来あるなら
続ければいいと思います。

 

最後に、「では、どうしたらいいのか?」
「何から始めたら良いか?」
を考えるようにしましょう。

もっと勉強がいるならするべきですし
バイトした方がいいならしましょう。
「自分のPRポイントを見つけること」が最優先なら
それを作る努力をしたらいいと思います。

魅力がないなら作ればいいです。

 

今日から、すぐその場でできることまで
やることを具体的にしていきましょう。

で、この記事を読み終わったら
いや、もうこの記事を読みきらなくていいので
すぐに行動に移してください。

今が不安なら、先が見えるまで
手を動かして足を動かして
暗闇の中をもがいて進むしかありません。

もがいて、進んでいくうちに
小さな兆しが少しずつ
見えてくるようになっていきます。

考えて、動かなければ何も始まらないので
今から一歩ずつ確実に
歩を進めていくようにしましょう。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。