就活ノート活用法

就職活動をする上で自分で作って活用する就活ノート。みなさんは就活ノートを有効に活用していますか?そもそも就活ノートって何だろうと思っている人もいるかもしれません。就活ノートを効果的に利用するためにはどういった点に気をつけてノートを書いていけばいいのでしょうか。そのポイントについてまとめてみました。
 
 
1.就活ノートに書くべき内容
 
・会社の情報のメモ
まず就活ノートに書く内容についてですが、一番書くべき内容は会社の情報のメモです。自分の受ける・受けた会社と他社との比較や、調べた日、調べた内容・収集した情報、気づいた点などが、すぐに確認できるように自分の見やすいようなまとめ方でノートを作成していくといいでしょう。調べた内容を利用し、ノートの内容を見比べれば効率的に会社の比較できる便利なノートを作りましょう。
 
・面接での経験をメモ 
実際に面接に臨んだ後はなるべく早く、面接の内容を忘れないうちにノートにメモしましょう。面接の内容をノートにまとめておけば、同じ内容の質問を投げかけられたときにうまく答えられるように自分の答えをまとめておくことができます。企業側から面接に呼んでもらうことができる機会は大変貴重ですから、実戦で得た情報はまとめておいて次に活かしましょう。
 
・イベントで得た情報や感想・気付いたことをメモ
面接やイベントでおもしろいと思ったことや気付いたこともメモしておきましょう。面接を受けた会社に対して自分が感じた魅力や、共感したところ、逆に自分とは合わないと思った点などをまとめておくことで、自己分析や企業研究を深めていくこともできます。就活イベントから便利な情報や、企業の情報を得られることもあるため、必要だと思う情報はまとめておき、選考過程で活かしていきましょう。
 
 
2.書き方のポイント
書き方のポイントとして一番大切なことは、後で自分がノートを見返した時に面接の時の状況を思いだせるように見やすく書くということです。ノートのまとめ方は日記風、カレンダー風、箇条書きなどいろいろ工夫できますが、最も大切なのが自分にとって見やすく、面接時の様子をイメージしやすいということです。
 
よくカラフルで可愛いノートを作る人がいるのですが、可愛いノートを作ることで就活を楽しめるのならいいでしょう。しかし、要点は面接の記憶をよみがえらせるために有効なノートをつくるということなので、ノートをまとめること自体に時間をかけすぎるのはよくありません。
また、見やすいと言うだけでなく、書きこみやすいノートにすることも重要です。あまりきれいに書こうとせず、重要な情報をさっと素早く記入できるようなノートの使い方をするようにしましょう。後から得た情報を書き込むこともできるように、スペースを広めに取っておくこともポイントです。
  

 
3.就活ノートの効用
就活ノートは緊張を軽減する効果も持っています。面接の目的が採用選考自体にだけあると、面接に受からなければならないと意識してしまい緊張してしまいます。就活ノートに面接の情報をまとめるということが面接する目的の一つだと思えるようになれば、面接をする目的が分散され、緊張も緩和されます。
  
 
書きこみやすい、面接の体験をイメージしやすい、見やすい就活ノートをつくり、自分だけのノートとともに効率的に就職活動を進めていきましょう。

 
参考: 
キャリアパーク!就活「就活ノートの書き方・作り方と例」
MY就活ネット「就活ノートを買ってはいけない!」
就職活動を有効に!学校では教えてくれないコツ伝授♪