就活が成功した身内・友達へ、お祝いのプレゼントはどうする?

 
 
プレゼントを送りたい
  
就活を無事に終えた身内・友人に対してプレゼントを渡したいと思っている方もいるのではないでしょうか。これからの相手の活躍を願って、就職祝いのプレゼントでは社会に出てから役に立つものを選ぶことが重要です。相手の就職先がどんな業界・企業なのかということが分かっていれば、入社する会社での生活をイメージして実用的なものを選ぶと、喜ばれるのではないでしょうか。
 
 
プレゼント選び
 
就職祝いのプレゼントにつかう予算の相場は自分の子供であれば1万円から3万円、兄弟・姉妹であれば1万円から2万円、親戚なら5千円から1万円、知人や友人なら5千円から1万円だといわれていますが、プレゼントをもらう側、あげる側の年齢や間柄によっても予算の相場は変わります。
  
では具体的にはどんなプレゼントが人気なのでしょう。ベルト・財布・定期券を入れるパスケースなどが人気のプレゼントだと言われていますが、就職すると使用する機会が増える名刺のケースも人気の贈り物の一つです。種類が豊富であり、価格もそれほど高くなりません。会社によっては使用する名刺入れに色の指定がある場合もありますが、男性なら黒や茶色がいいでしょう。女性なら、ビビッドカラーのような派手な色を避ければ、比較的自由な色を選んでもいいでしょう。
 
ボールペンをプレゼントするという選択肢もあります。高急な万年筆など、筆記用具をプレゼントするのも人気ですが、使い勝手を考えてボールをプレゼントする人も多く、ボールペンは人気のプレゼントとなっています。

また、仕事をする上で重要になのが、時間です。この機会に腕時計をプレゼントしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。バンドが革製なら男性は黒や茶色、女性は色の派手すぎないものを選ぶのがよいでしょう。時計は高価なものもたくさんありますが、あまり高価な時計では相手に敬遠されてしまうこともあります。程良い値段のものを選ぶことにも気をつけましょう。社会人に人気なのがセイコーの腕時計だと言われています。
    
一方、万年筆・時計をプレゼントする際にはそのメッセージ性にも注意が必要になる場合もあります。万年筆には「もっと精進しなさい」、腕時計には「時間管理を頑張りなさい」というメッセージが込められていると相手側がとらえる可能性があるためです。相手が欲しがっているなら問題はないのですが、目上の人にはプレゼントに万年筆や時計を選ぶことは危険です。
  
 
 
 
参考:
・OfficeGift「就職祝いの基本マナーとオススメプレゼント18選!」
・履歴書Do「自分磨き就職祝いで喜ばれる人気のプレゼント」