大卒と高卒どっちが優秀?人事の考え

学歴は大切?大卒の評価の実際は?
 
大卒で就職活動をしている人を企業はどう評価するのか。大学に入学し卒業する上では少なからず努力が必要であったと推測できます。会社に就職してからもその努力を活かしてくれることが期待できると考え、評価しています。仕事に学歴は関係なく、学歴が高いからといって仕事がうまくできたり、リーダーシップが取れたりするわけではないという意見もあります。しかし、採用担当者の中には、学歴はある程度必要で、あると考える人もいます。学歴を手に入れるには時間もお金も労力も必要であるからです。
 
それに、大学生には自主的に学ぶ習慣が身についているため、強みがあります。新しい情報を得て学習していくことが習慣になっている人材に成長していると考えられるのです。
仕事で上司から指示があった時に、学習習慣の付いている新入社員なら、より素早く、正確に支持を受け取り、把握することができます。また、文章も分かりやすく簡潔にまとめる、ハイスピードでまとめることができるでしょう。
 
高学歴な大学生を面接に呼んだ時の受け答えも、多くの場合しっかりしているとの意見もあります。
 
 
大卒が負け気味?大卒と高卒・専門卒を比較調査
 
高卒、大卒のどちらも採用している大手精密企業が入社3年まで、とあるIT企業が入社5年の社員の能力を調査した結果についてまとめている記事がありました。
大手精密会社の社員の調査では、あまり結果に差が出ず、3年後は大卒と高卒では配属先が違ってくることもあり、比較が不可能だったそうです。業務遂行能力には多少の差があり、高卒の方が能力が若干高いというデータが出たそうです。
 
一方、入社5年の人材を対象に調査を行ったIT企業の結果では比較的細かく結果を出すことに成功しました。
実際に活躍している社員に見られる能力で、共通して高かったものが意欲の高さ、発想の豊かさの2点でした。この2点について、入社5年後の社員を調査したところ、高卒・専門卒の社員が最も高評価でした。
ついで評価が高いのは東大・京大・早慶レベルの難関大卒でした。明治、青山大などのいわゆるMARCHレベルの大学の卒業者は最も低い結果になりました。
 
実験を行った大手精密会社では、人間性に重きを置いた採用方針に変更したそうです。
 
この2社のデータだけでは傾向はあまりつかめないかもしれませんが、このような調査をしてまで、社員の能力を計測しようとしている会社があるのだということには驚いたのではないでしょうか?

 
参考:
・PRESIDENTONLINE『高卒と大卒では世間の私を見る目は違った!」あなたの「学歴」を教えてもらえませんか?【3】』
・グノシー「入社5年目調査で判明! 大卒より評価が高い“高卒人材” あなたの出世、採用、給料、リストラはこう決まる【18】」