天職を見つけよう

あなたは今、天職に就いていますか?そもそも天職とはどんな仕事なのか、天職に就職する上で大切な考え方について調べました。これからも仕事を続けていきたい方、転職活動を成功させたいと考えている方はぜひご覧ください。
 
 
天職とは?
 
天職とは、自分の性質に合った職業であり、働くことで自分が心から喜ぶことができる・達成感、充足感を感じることができる仕事のことを言います。「適職」と「天職」が一見同じような意味の言葉のようにも見えますが、自分の能力を考え自分にできる仕事であるから適職だと判断した仕事が、本当に自分がやりたい仕事であるとは限りません。必ずしも適職が天職であるとは限らない場合もあります。自分が働いていて、自分の天職だと思えるかどうかが、とても重要なことです。
 
 
天職だと思える仕事に出会える考え方
  
自分が楽しいと思える仕事を探しているだけでは天職に出会うことは難しいといえます。なぜなら、仕事の楽しさは自分から見つけ出そうとして見つけるものでもあるからです。仕事に対する見方を変えることで、もしかしたら今自分がしている仕事が天職であると気付く瞬間を呼び起こすことができるかもしれないのです。仕事に自分がどのように取り組めば楽しく感じられるのかということを考えるだけで、いつもより楽しい気分で仕事ができるはずです。
  
受け身の姿勢で仕事を淡々と行うだけのつらい仕事をしないためにも、仕事に楽しさを見つけようとする意識を大切にしてみましょう。個人的にどんな努力をしていくのか決め、目標を立てて働いてみましょう。
 
自分だけで考えても、どうしたいのか分からない場合は、仕事を楽しんでいる人を見つけて、どのように仕事を楽しんでいるのか質問してみたり、仕事から喜びを感じる秘訣、アドバイスをもらうのもいいかもしれません。
仕事に没頭できるということ、没頭して仕事をしていく決意が、あなたをしごとを楽しいと感じられる自分に導いてくれるしょう。
    
もし、自分で仕事を楽しむ努力をしたり、仕事の楽しみ方を質問したりしたのにやはりこの仕事では自分に合わないと思ってしまったのであれば、自分に合った仕事を探しましょう。自分の考え方・能力・ビジョン次第で仕事の楽しさややりがいは変わってくるものであるため、天職がどんな仕事なのかということも変わってくることがあります。
 
自分がやりたいこと、どんな時に達成感を感じることができたのかということもよく思い出してみて、金銭的な損得にこだわらずに、自分がやりたいこと・人から必要としてもらえる仕事を見つけましょう。
 
 
マイナビ転職 坂本直文の「いい仕事に出会う24の知恵」

「転職を天職にするポイント・天職を見つける20の方法」

人材育成のネクストコミュニケーション「人を創り組織を創る-個人と組織を強くする」