営業人に求められるスキル

営業の転職に際しては、企業側は下記のような人材を求めいています。

中心となるには、やはり「コミュニケーション能力」です。

ご一読頂いて、面接などにお役立ていただければ幸いです。

 

営業職には様々な形態がありますが、営業職において求められるスキルというのは一体何でしょうか。コミュニケーション力やドキュメンテーション力、商品の知識のみで営業力とくくってしまいがちですが、大前提としてお客様に購買欲を持っていただくことが営業の本質です。お客様の「欲しい」意欲に気付いてもらうことが営業であり、そこでは商品の質を知ってもらうことは当然のこと、営業人のコミュニケーション能力でお客様の「売ってもらいたい」を引き出すことです。

 

業務上で言われるコミュニケーションとは、仲がいい人同士の会話ではなく、業務上でのお客様とのやりとりを指します。業務上のコミュニケーションとは単なるお喋りではなく伝わること及び、伺い知ること。そのためのヒアリング力です。相手は何を望み、何について困っているのかを聞き出すこと。その為のプレゼンテーション力とドキュメンテーション力は当然のこと、お客様のニーズを聞き出す力、これがすなわち営業におけるコミュニケーションです。ただ商品価値を述べるだけが営業ではないのです。ヒアリングを重視したコミュニケーションを主体としていけば、自然と営業力は向上していきます。

 

営業の一側面だけとなりますが、コミュニケーションとは何かを考えるきっかけになればと思います。