内定辞退の方法

縁があって内定をいただけた企業に内定辞退を申し出るのに、緊張してどう断ればよいか戸惑うものです。しかし、時間を割いて採用してもらえた企業には誠意を持って対応するのがビジネスマナーでしょう。ここで音信不通になったり、嘘をついたりするのはよくありません。今後も辞退した企業が自分のビジネスパートナーになる可能性は無きにしも非ず。社会人としては誠意を持って電話で辞退の報告をするべきでしょう。

 

採用段階で企業側は採用の準備を進めていく方向で動いていますので、なるべく早めな連絡をするのがマナーです。

まず電話連絡をするにあたって、辞退した旨を申し出るのを先にして、聞かれたら場合、理由を伝えましょう。理由を聞かれなかった場合、無理に辞退の理由を言う必要はありません。内定辞退はよくあることなので、そのまま承諾されることもよくあります。逆に聞かれた場合は嘘をつかずに正直に答えましょう。下手な嘘をつくのは逆に失礼になる場合もあります。社会人としては正直にはっきり答えていきたいものです。だからといって聞かれたから答えなければならないというわけでもありません。企業との状況や関係性を見たうえで判断しましょう。

 

採用になった場合、内定承諾書が企業から届きますが、これにサインをすることは契約するということなのでよく考えてから書いた方がいいでしょう。場合によっては多かれ少なかれ、揉め事になるケースも中にはあるので、意思がはっきりしていないうちは軽い気持ちでサインすることは控えましょう。

 

内定辞退を電話連絡した後は、お詫び状を送るのもビジネスマナーとして覚えておいた方がいいでしょう。お詫び状は誠意を見せるのに、できたら電話したその日のうちに、なるべく早期に送りましょう。