内定辞退の心得

就職活動において複数の会社の選考を受けていると、複数の会社から内定をもらうこともあるでしょう。その場合は会社に内定辞退の連絡をして謝罪しなければなりません。せっかくもらった内定を辞退するということは申し訳なく後ろめたい気分になってしまいますし、伝えにくいことかもしれませんが、就職活動で大切なのは礼儀正しくマナーを守って誠実に内定辞退の連絡をすることです。では、正しい内定辞退をするにはどうしたらよいのでしょうか。
  
 
内定辞退の方法
内定辞退の連絡を企業にする場合は、電話で連絡しましょう。メールで辞退の連絡をするという方法も考えられるかもしれませんが、あなたの誠意を伝えるためには電話という方法をとった方がいいと言えます。また、企業の採用スケジュールや方針に内定辞退は直接関係することです。電話で出来るだけ早く、正確に伝えるようにしましょう。電話をしながら企業の担当者の話もしっかり聞き、相手の気持ちに向き合いましょう。きちんと誠実に内定辞退の対応ができるということが自分自身の自信にもつながるのではないでしょうか。
 
 
電話の内容
基本的なことですが、会社に電話をかけるときはまず名前を名乗ったあとで電話の受け付け係に採用担当者を呼び出してもらい、担当者本人に今電話をしても問題がないか確認してから要件を述べます。担当者が電話に出られることを確認した後、内定をもらったことに関して感謝の思いを伝えた上で自分の結論を率直に伝えましょう。要件の詳細よりもはじめに結論を簡潔に話し、その後で詳細を説明することがビジネス上のコミュニケーションでは大切なことです。
 
多くの場合内定辞退の理由を質問されるため、きちんと答えられるように準備しておきましょう。企業側は学生や採用実態の調査のために辞退理由を確認するといった意図で辞退理由を確認します。そのため言いたくない場合は無理に説明しなくても問題ありません。辞退の連絡を電話で済ませてしまうことを詫びる一言も忘れないようにしてください。
最後は再度丁寧に謝罪の言葉を述べ電話を終了します。 
 
 
ポイント・気をつけること
NGな対応としてあげられるのが、連絡をしない・音信不通になること、嘘をつくこと、企業の悪口を言い、それを理由にすることです。企業は採用のために志望者に対して時間とコストをかけています。内定辞退をする上で最も大切なことは誠意のある対応をすることです。内定者が音信普通になってしまうと企業側を心配させてしまったり、採用スケジュールに支障をきたしてしまい、大変迷惑がかかりますから絶対に避けるべきです。辞退した会社が将来、就職した会社のクライアントになることも考えられるため、嘘をつく、大人げなく悪口を言うなど、会社側から信頼を失うような対応をすることが無いように努めましょう。
 
参考:
就活の未来 就職活動に役立つイベント情報やコラムが満載!「誠実な内定辞退の方法。終わり良ければ全てよし。」
賢者の就活「これで完璧!内定辞退の電話連絡の正しいやり方|例文あり」