企業研究

自己分析をした上で、次に重要なのは企業選択です。何故なら、その企業に入ることにより、キャリア形成をしていくのは自分自身だからです。キャリア形成は自分の幸せのために築き上げるものです。他の誰のためのものではありません。どうしたら自分が幸せに働いていけるかを意識して企業選びをしていきましょう。

まだ社会のことを知らない学生でも、いざ社会人を経験してみると自分の価値観を大きく捻じ曲げられて「失敗した。」となる経験があります。そして、「自分の目標はここにあったんだ。」と気付くのです。

結論から言うと、大企業に入社できたからといって安定した生活を送れるとは限りません。今の不安定な時代、シャープやパナソニックのように昔の繁栄からは想像できないようなことが起きる可能性はどの企業にもあるのです。また、大企業に入社したからといって思ったようなキャリア形成ができない可能性も存分にあるわけです。このように、大きな企業に入れたからといって完全な安定が保証されるわけではありません。

企業選びで優先しておきたいことは、長期的に見て「自分のキャリア育成のため、この会社でどうやって己を鍛えていこうか。」という働き続けるモチベーションです。つまり、働くことの幸せは精神的安定と結び付くのです。安定とは企業で選ぶのではなく、自分で獲得していくものなのです。

成し遂げたいこと、どんなキャリア形成を望むかを第一に考えましょう。働くということは生きること、企業選びは生き方そのものの指標なのです。