一人暮らしにかかる費用

一人暮らしにかかる費用とお金についてのコラム記事です。社会に出て働き、自分で稼いだお金で生活していくにはどのような金銭感覚を持っていなくてはいけないのでしょうか?一人暮らしで生活していくには収入と支出の管理ができるということが大変重要です。一人暮らしで生活するために必要なポイントを集めてみました。
 
 
1.平均的な給料はどのくらいもらえるのか
お有料の金額は地方によって異なります。最も平均年収が高いのは東京都の582万円。最も低いのが沖縄県の339万円です。かなり金額に差があるように見えますが、居住地域によって物価も異なるため、生活にかかる費用も地域によって異なります。大卒の新卒社員の場合、平均年収は200~230万円、月収では19万円、地方で働く新卒の月収は13~15万円前後だそうです。
 
一方高卒の場合の平均年収は150~180万円と大卒よりも低めになっていますが、企業によって大卒・高卒の給料の設定が違っています。ボーナスがある会社に勤めているかどうかでも収入は変わってきます。上場企業では夏と冬にボーナスがある場合、夏は10万円未満、冬は20万円前後ほどの金額がもらえるようです。
 
 
2.家賃はどれくらいかかるのか
20代女子の平均的な家賃は6万5723円だそうです。(SOOMO調査、常陽銀行記事より)しかし、家賃も賃金と同様に都会の方が高額になっているなど、居住地域の地価によってかなり差があります。
 
一人暮らしに最適なワンルームのアパートでは平均55000円ほどの家賃がかかるようですが、地方の物件を選ぶなどして家賃をもう少し安く収めれば生活に余裕を待たせたり、貯金したりする金銭的な余裕ができます。家賃は収入の3割程度の出費に抑えるのが理想的だと言われていることを参考に、自分の給料の手取り額と照らし合わせて無理のないように部屋を選ぶ必要があります。社会人になったからといって一人暮らしをしなければならないということはありませんから、余裕ができてからの一人暮らしを考えてもいいでしょう。
 
 
生活費や光熱費、年金・保険料でどれくらいお金がかかるのか
手取りの給料が15~20万円ほどである場合、保険料が約1万円前後、通信・光熱費に約1万2000円から1万6000円、食費が約2万円~3万円かかるようです。その他にも、生活必需品・雑貨を買うお金や交通費のことも考えなければなりません。人付き合いにかかる交際費、身だしなみにかけるお金、趣味にかけるお金に余裕ができるようにするためには自炊をするなど、節約の工夫をする必要も出てくるでしょう。
 
 
参考:
キャリアパーク!キャリア 「新卒社員の平均年収と初任給・ボーナス事情【高卒・大卒別】」
キャリアパーク!キャリア 「新卒社員の平均年収と初任給・ボーナス事情【高卒・大卒別】」
常陽銀行 「一人暮らしするなら家賃はいくらくらいに抑えるべき?収入別に算出しました」