カフェテリアプランについて

みなさんはカフェテリアプランについてご存知でしょうか。カフェテリアプランとは福利厚生の一つです。カフェテリアプランについてご紹介します。
  
 
カフェテリアプランというのはもともと、アメリカで1980年代に作られた福利厚生制度で、最近では日本での働き方が多様化してきたことに伴って、カフェテリアプランの導入をしている日本企業も増えてきました。具体邸には、企業が用意した複数の福利厚生制度の中から、カフェテリアで好きな料理やドリンクを選択するような感覚で、自分の希望に合った制度を選択できる福利厚生制度です。
  
実際に選択できる福利厚生メニューにはどんなものがあるのでしょうか。カフェテリアプランのなかによくあるメニューを上げてみましょう。
  
 
★カフェテリアプランのメニューの例
 
・保育園、託児所補助
・育児休暇
・旅行補助
・新幹線、特急券補助
・持ち株会奨励金
・健康用具購入補助
・チケット購入補助
・食事利用補助
・介護保険補助
・人間ドック補助
・資格取得補助
・退職記念旅行補助
・住宅ローン補助
・宿泊施設利用補助
・介護・看護費補助
・祝金給付
 
 
企業側が従業員に利用してもらいたい福利厚生のメニューを設定し、条件、利用方法、利用期間なども定めます。それから、企業側が従業員全体で使える企業の原資総額を従業員数で割った金額をポイントとして従業員に付与します。上でご紹介したような様々な福利厚生のメニューがあり、この中から自分に合ったものを選択することができます。これがカフェテリアプランの仕組みです。
 
 
★カフェテリアプランのメリット
 
カフェテリアプランでは、全体的に統一して決められたポイントが付与されるため、働く地域・職種にかかわらず、従業員が平等に福利厚生の恩恵を受けられるということがカフェテリアプランのメリットの一つです。また、一人ひとりが自分に合った福利厚生制度を選択して受けられるため、従業員の様々な需要に応えてもらうことができます。
  
企業側にとっては、年間予算の上限が決められる、経費の管理がしやすいといったメリットがあります。従業員が自分に合ったメニューでポイントを消化しようと考えるようになることで、従業員の自主性も高まる、企業の制度に従業員が触れられる機会を増やすことができるという効果も期待されています。
 
ワークライフバランスが重要視されてきている現代、就職・転職活動を考える際には、このカフェテリアプランも重要なキーワードになるのではないでしょうか。
 
 
参考:
福利厚生から明日を創る!JTB Benefit 「様々な福利厚生メニューの中から、希望するメニューうを選んでポイントを利用できるカフェテリアプラン」
エン転職 転職に役立つ情報満載!転職大辞典 「カフェテリアプランって何?|おさえておきたい福利厚生の意味・解説」