なぜ早期から就活を始めたほうがいいのか

新卒で就職を目指すみなさんは、早期に就職活動を始めたほうがいい結果になるという話をよく聞いていることだと思います。なぜなのでしょう。その理由が分かれば、行動を起こしやすいと思います。
早期に就職活動をすることがすすめられているのはなぜかというと、早く始めることに理由、メリットがいくつかあるからです。
このコラムでは大きく分けて3つの項目で具体的に説明します。
 
 
①就職活動初期に分からないことが多いため
 
就職活動の問題点として挙げられることの一つに、学生側と企業が持っている知識量の格差があります。具体的に説明すると、企業側には採用戦略がありますが、学生にはもともと戦略が固まっていることが無いからです。
社会人経験豊富な企業の人材たちが、練りに練った戦略に基づいて採用基準を設けています。採用活動に使われる様々なツールにも詳しく、ツールの裏側も知っています。学生が利用する採用サイトのこともよく知っています。
その一方で学生は社会人経験がない人がほとんどで、企業に対して正しいイメージを持つことが難しいのが現実です。企業によって採用方針が違うこともあり絶対的な成功戦略も定まっていません。
 
では、学生に知識や経験が足りないことを踏まえると、何が必要なのでしょうか。以下の3つにまとめてみました。
 
 
1.事前準備・予備知識が必要

 
・就職サイトの登録、利用方法の確認
 
・説明会の参加方法
 
・履歴書の書き方
 
・電話対応、メールの書き方
 
・スーツやカバン、靴、髪型等、身だしなみの備え
 
・仕事に対する意識
  
  
就職活動に必要な物品や書類の書き方、マナーの知識等は就職活動に絶対に無くてはならないものです。事前準備をしておくことで就職活動をスムーズに進めることができます。
仕事に対する意識を持つこととはつまり、報酬を手にするから、ビジネスマンは結果を出すことで評価をされるものなのだと理解しているということです。
お金を払って学校に通い、テストの点数で評価をされてきた学生生活が学校の卒業とともに終わり、結果を出して給与をもらうビジネスマン生活を始めます。
 
 
2.自分を知るため
 
面接では素の自分を出すことが大切だと言われても、自己分析は大変重要です。自分の価値観や、興味のあること、仕事に対する意識を持ってどのように働いていきていきたいのか自分を研究しましょう。
自分に適した仕事を考え探すだけでなく、面接での質問に答えられるようにするためにも準備しておくことが必要です。

また、採用選考では企業に通用するような正しい言葉で自分を説明できなければなりません。友達に自分のことを話すときのような砕けた表現で話すことができない状況になりますから、企業の担当者に自分を知ってもらうために丁寧で正しい言葉づかいに慣れる必要があります。日頃から意識して、少しずつ面接に備えていきましょう。
 

 
3.興味のある企業に出会うための行動
 
実際に企業の説明会に参加して情報収集をし、たくさんの企業を自分の就職先として視野に入れておくことが大切です。なぜなら、就職活動に成功している人の多くは、はじめにたくさんの企業についての情報を集めた後で、
選考に臨む企業を絞っているからです。社会人経験が少なく、企業に対して正しいイメージをなかなか抱けない学生は、まず、自分から行動して実際に企業に出会ってみることで、頭の中の企業に対するイメージを現実に近づけていきましょう。

 
 
②企業側の視点
 
企業は就職に対して真剣に考えている人ほど就職活動を早めに始めると考えています。就職についてまじめに考えている人の方が仕事に対する意識が高い傾向があるためで、就職してからの離職率も就活後期で採用した人より離職率が低いと考えられているためです。
 
 
③企業の採用方法の仕組み
 
企業の採用選考の進め方について採用予定人数は決められています。採用活動の初期で6割から7割を採用し、後期で2割程度の採用を行うと書かれている記事がありました。
就職活動初期より後期の方が採用予定枠が埋まっているので、残りの2割の選考は前期よりもより吟味されます。
 
参考:
就職活動はいつ始めるべき?
なぜ早期から就活を始めたほうが良いのか